スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なめ茸を買っては使いきれずにダメにしてしまう

あまりにも何回もやってて開けるのが嫌になってる

へん。

へんよ。

これはわざとやってるやつ(。•́ - •̀。)

はいやめやめ

やめるやめる

いまやめる!

スポンサーサイト

なぜプロセスを忘れるのか

プロセスを忘れるということ。
自分の成長を正当に評価しないのはなぜだろう。


積み重ねてきた行動、人との共有にはプロセスがある。

☞プロセスとは
   :連続した記憶・いいこと悪いこと両方のバランスが取れている。人と感覚を共有した体験の積み重ね。
☞プロセスがない状態とは
   :記憶を断片でとらえていて連続性がないこと。瞬時に主観に入る状態。人との関係性が消えている状態。
    極端にいい記憶や悪い記憶に偏っていてバランスを欠いている。
   ・・・などと考える。
  


1⃣どんな状態なのか

成長や変化は「人」との関わりの中にある。
たぶん人というものは、人との関わりの中で出来上がっていくのだろう。
その原点が母親なのだろうけど、ACはほとんどの場合そこが欠落していると推測される。

私たちは原点回帰的に、つまり「育ちなおし」的に、「人」との関わりを再構築するため
メンバー同士で話しをしたり、オフ会を実施したり日夜涙ぐましい努力をしているわけだが
「プロセスを忘れないでいる=人と共有した喜びや悲しみの連続した記憶を自分の心にとどめておく」
・・・・・ということができない状態をしばしば指摘される。
困難、負荷、不快を感じているはずだが、その感覚も感じないので自覚することすら難しい。
その状態はとても苦しいのに、苦しみから脱けることの方を恐れ、複雑なやり方で抵抗する。
自分の意思で行動しているかのような錯覚は、洗脳状態と似ている。

(※「感じない」感覚:本来人間が持っている生理的感覚→暑い寒い痛い空腹感疲労感。成育歴から人が持っている基本的欲求がわからないという障害を抱えているため、感覚を持ちようがない。寂しい、嬉しいは楽しいは、より高次の欲求)


「一緒にするな」とお叱りをうけるかもしれない。
しかし決して言い過ぎではないと思うがどうだろう。


プロセスを憶えている、わかっているということは
一般的な感覚としては、自分の居場所が確定しているということ。安心感を生むことだ。

ところがそこで不安になる。

「不安な状態が居心地がいいから、なじみの感覚だから」
まあその通りだが、それを自分で言ってしまったら
動かない自分を肯定するための言葉、自己完結に陥る危険な言葉でもあるのではないか
言ってみてそう思うことがある。

回復を望んでいるのに、自分で言った言葉で自分を縛り
まるで動かないことを望んでいるようにも振る舞う。
自分の中でもどちらを望んでいるのかわからない状態。

(→それが人≒子どもを混乱させる)


少しずつかもしれないけれど
自分なりにプロセスの中にあるプラスの側面もマイナスの側面も、昔よりフラットに捉えられるようになってきている
・・・・・・という自分の成長をなぜ受け入れるのが困難なのか。


2⃣なぜそんなことになるのか

客観的に自分の位置をわかること、人の位置をわかることへの抵抗=人と比べることのタブーがある。
(→感覚がフラットであれば何の問題もなくできること)

いい記憶も悪い記憶も同様に確定する、ということは
現在のことだけではなく過去のことも同様にフラットに見えてくる可能性を手にするということだが

⇒過去がフラットに見えてくるということは、現在感じ始めているプロセスと同じように
過去の記憶の連続性の中にも、いい記憶と悪い記憶の両方があること認めざるをえなくなる。

良きにつけ悪しきにつけ、過去と向き合うことを避けては通れない。
(不遇な記憶の鮮明化による悲惨な状態の追体験、フラッシュバック→現在への投影も引き起こされる)

⇒自分の生きづらさの証拠として利用してきた過去の様相が変わってしまうことになるのではないか。
それが幻であっても価値観の大転換を迫られることになる。
一人の人間の、誰にも見えない心の中で起こっていることに過ぎないのに
その心の中で起こっていることは
宇宙観が天動説から地動説に転換した歴史的事件に匹敵するほどの事態になってしまう。



今、生きる喜びを感じて今を生きようとしているということは、
自ずと過去も同様に自分が生きていたことを証明していくことになる。

都合よく過去だけ死んでたことにはならないこと知る。

どちらも掛け値のない現実である。
今が楽になればなるほど、空虚で苦しみだらけの過去は実は今と同様に
連続した記憶のプロセスを持っていること、
いいこと悪いこと両方のバランスが取れていたことや
人と共有した記憶が確かなものであったことを、思い知るのだろう。

なぜプロセスを忘れるのか、なかったことにするのか。
意思を放棄していることが根っこにあるのではないか。

「なぜプロセスを忘れるのか」なんてぶち上げてみたが
結局、はっきりとした答えは簡単に出そうもない。

自分なりに考え続け、動き続けることで
自分を楽にするのがどっちの方向かわかってくるような気がするが
一人では、寄る辺なく足元もおぼつかないものだ。



ほんとの気持ちが言えなくて

本当の気持ちが言えないって
口にできないって
顔に出せないって


自分の気持ちに背いているということだ。
自分を蔑ろにしている。悔しい。無念だ。

仕事が終わって私服に着替えながらしょんぼり考えていた。

私なにやってるんだよ?
何も変わらない自分、情けない自分が情けなくて、悔しくて、やるせなくていっぱいになっていて。


言いたいことがあったはずなのに
言えない・出せないまま
まるで消えたかのようになってしまうって
息ができないように苦しいことだ。

「出せばよかっただけのこと、出せば済むことでしょ」
心の声も聞こえるけれど

ばっさりと切り捨てることは
1日を必死で乗り切った自分が気の毒すぎてできない😅💦

消えたかのように押し込めた気持ちは
まるで自分の中に苔のようにじっとりと張り付いている。
深く重く痛む感覚は昨日今日のものではない。
終わっていない私の過去が痛むということだろうか。

誰に頼まれてもないのに
長い間我慢し続けて
やっと「あれ?頼まれてないんだな、ちょっとやめてみようかな」
・・・・と自分の思考の舵をちょっぴり切ってみて

恐る恐るほんとの気持ちをちらりと出してみた時に

どうなるか。
どうなったか。

昔は
どうせ無駄、という先読み通りの相手の反応にガッカリして
ペシャンコになってた。
毎回同じ筋書きの繰り返し。
予定調和の茶番の繰り返しだった。


今は
相手をペシャンコにする力なんか自分になくても、できなくても、しなくても
この茶番を断ち切るのは私だ。
私の主導権は私にある。
そんな風に考えることがほんの少しだけど、できる気がする。

恐る恐る
そんなふうに思いはじめたのだが


なかなかどうして
一般感覚の世界というのはハードルが高いようだ😱

そもそも私の茶番が通用しない世界だからか・・・・・・・


そんなこんなでくじけまくっている私を、今日は励ましておきたい。

力なくてごめんな、私。
堪忍しておくれ、私。

もちっとがんばってみような、私。

私の目標

私が目指すのは
最終的には息子たちの自立。


私にはムリムリムリだ。どこかで思っていた。腰が引けていた。
私なんかにはできませんでございます。頭がいっぱいです。やりたくないくらいの思いすら。

     笑止
     できないもなにも何もしないで何が変わるものか。
     寝言は寝て言え私。


わかったふりもごまかしも通用しない現実があったはずなのに、ただ時をやりすごすだけだった。

     そこやらずに死ぬつもりか。私。





無責任な私に放置された息子たちがマイナスからのスタートを切らなければならないことは
切実な問題だ。

せっかくの自分のがんばりを
ないがしろにしてさらなるマイナスに落ち込む力はサラブレッド。


ひとつ ひとつ ひとつ、ひとつ 自分のために。
地道に力をつけていくことを。

それがどんなに拙くても、小さくても
もがいてもがいて一喜一憂してたどり着いた今は
ただ身動きできないかった過去の自分とは変わっているのだという実感と納得を。

息子たちが1ミリからでも前に進めるよう
私に必要なのはその後押しをする力。

その力をまずは自分に1ミリでもつけることが
私の目標。

大雪の翌日の朝はツルツルに路面凍結する。翌日こそ車は危ない。

バスと電車で職場へ行くことに。

行きがけは遅れちゃならないとか緊張しててよくわからなかったけど

帰りは仕事の緊張感から解放されてたせいか

電車の中、ホームから地上へ出るエスカレーター、駅ビルの中、バス停留所までの街中、停留所、バス、降りてから

ほぼすべての場面にざわつき反応、動作が増えた。

電車が苦手とか疲れるから、車は楽だとか雑踏は苦手とか。

後付けの正当化だったのか。

人が溢れてる街中は不快と負荷でいっぱい。

私の心の中には感情や感覚という

色がないみたい。

無軌道に騒がしい周りを感じて虚ろな自分が痛々しくなる。

外の世界は心がたくさん動いている。

楽しそうに歩く人にだけではなく

悲しいことや怒りであっても

色彩に満ちている。

正当化無感覚は自分を守るため。

結局ガマンして、誰にも言わない・言えず自分の中で終わったことにしたつもりになる。







せっかくなので帰りがけ駅ビルの無印良品へ。

それが必要な生活用品であっても

私にはちょっとお高くても、欲しいもの・見たいものを手に取る。

使う楽しみを思い描きながら欲しいものを買う。

がまんすることもあるけど、させられた感は少ない。

買い物で避けては通れないお会計。

レジは

意外にイライラしてはいなかった。

それほど怒ってはいなかった。

罪悪感はスーパーより明らかに小さい。

ただとても緊張はしてた。

自分が欲しいと思ったものを

しげしげとお値段まで

見られちゃう照れくささ。

正直、緊張とイライラの区別がつかない。

照れくさくてドキドキしたことって

べつに悪いことじゃないはず。

それが自分の中で変換される。

時間とともに醸造されて不自由感、不全感に。


宿題は続く。


sidetitleプロフィールsidetitle

あいちん′

Author:あいちん′

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。