FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

否応なく振り返る?

8日のセッション前に消去てまうた!と思ってた記事、アメブロの下書きに残ってました。


一時でも過去のものなので、いまさら公開するのも気まずい、なんかイヤ~んだ・・・・


下書きのままにしておこうか、とも思いましたが



公開することで、

自分の考えたことをなかったことにしない

という意味があるのではないか、と考えて手を加えず、書いた時のまま公開します。





私がずっと繰り返してきたこと。


自分の苦しみを深めている 

自分の有様を

残しときます。

                         6月11日


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚









FC2の記事を書いてみようかな、と思って

書きかけたものの、散らかっててo(;△;)o

挫折。

なんか気持ちが重くなって・・・・・・。




『自分の感情の自由を許すと、どえらいことになる!』

感情は埋めとこう。



自分にとって馴染みの環境に

いつのまにかどっぷりつかっていたらしいのは

なんとなくわかった。




自分を守るために


人(=母・元ダン)の感情や振る舞いにパニックを起こしてきた。


そんな時に


自分の気持ちを封じることが、私なりの防御だったとしたら。





私は、

常に(?)


脅威を感じる相手に、私の気持ちを悟られないように振るまおうとする。


実習ではそんな私の防御機制が、バリバリに働いてしまった感が、否めない。


鶴が機を織るように、自分を削って、差し出して


相手に尽くす感じ・・・・はたしてそれは、誰のため、何のため・・・・はっきりしないのに。


相手に踏み込まれるくらいなら、自分を犠牲にするほうがまし!


それとも、こんな私のことを相手に気付いてほしかったからか・・・・・。


でも結局、目指す相手には少しも伝わっていなかった、


嫌~~~~~~な記憶。


実習では、苦しい記憶とそのとき起こっていたことが、ないまぜになってしまった。


かな。


書き捨て御免な感じ。後で後悔しそ・・・あせる


   記 6月6日







スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

あいちん′

Author:あいちん′

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。