FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/27セッション




 例えばの話


  自分が中学くらいで、事故で体が不自由になり車椅子の生活のなったとする。

  学校の教室移動で階段を自分では上がれない。

  同級生に車椅子を抱えてもらって階段を上がらせてもらう。

  その時、車椅子を抱えてくれた友達になんて言う?


  私の答え「ありがとう」と言う。

  他のメンバーと私だけが違うことに脂汗。

  言っちゃったものは口の中にもどらない。 

  自分の体が不自由になってしまったという受け入れがたい現実に葛藤する
  人の手を借りなければならない悔しさ・申し訳なさ

  などのプロセスがないということだった。

  子どものころに助けてと言いたくても言えず誰も助けてくれなかったトラウマから 一部だけの切り取りが起こっている

  助けようとしない他者あるいは自分に対する嫌悪感・憎悪・罪悪感

  助けてもらうのが当たり前(私なら当たり前にするのだから)

  気づいてくれるのが当たり前(それなのに私は気づいてもらえなかった)

  
  なんで私はそこに飛んだのだろう。

  自分を壊してまでも知らしめたい感覚。

  理由らしきものが自分の中にいくつか浮かんでくる。

  とりあえず思いつくものを


  ①
  今の仕事では車椅子の介助が日常。

  「こんなこともできないなんて情けない。申し訳ない」

  この言葉も日常的に聞く。

  そう言ってナースコールを押さず自分で行こうとする患者は少なくない。

  その結果転んでしまうリスクが高い 黄色信号の言葉。

  まともに傾聴しようとすると話に巻き込まれることも。

  次の業務に支障をきたすためある程度聞き流す。

  非常に面倒で有難迷惑な発言なのだ。

  「ありがとう」と受け入れていただけるほうが都合がいいし気持ちがいい。

  我ながら人でなしだと思うけど。

  受け取り方が変わることもあるかもしれないけどこれが今の私の正直な気持ち。
  

  


  ②
  申し訳ないという気持ちはわからなくはない。でもそれを言いたくなかった。

  昔 母親が機嫌を損ねて私に言った言葉に重なる。

  「こんな私でごめんなさい。私が悪いのね。そういうことでしょ。どうせ私なんかいらないのね」

  私から拒絶されたと訴える母。 

  私は何も言えなくなったことを憶えている。

  もしも

  ごめんなさい あるいはそんなことはないと、言ったところで決して母は受け入れなかっただろう。

  何も言えず 悔しくて、無力な自分を思い知らされ続けたような気がする。

  嘘くさい。申し訳ないなんて思ってないくせに。

  そんなことを平気で言えた母に対して嫌悪感がある。

  私はその言葉を言うものか。


 
時間切れ~
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

あいちん′

Author:あいちん′

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。