スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は私のために変わってくれないらしいこと

今の自分、一ヶ月ほど前の自分と比べて

なんだかちょっぴり楽なのだ。

普通の感覚の人に比べれば屁のようなものかもしれないけど

私はこの世で生きている、ということが自然な風に感じられることがある。

なんだか世界が少し柔らかくなったような気がする。


9月10月11月あたり
この世界に自分の居場所がないような気がしてそぞろな気持ちから離れられなくなり
自分の心と体が塵のようにバラバラに解体していくような奇妙な感覚に陥ったり
足元の地面が抜けて真っ暗な穴の上で宙ぶらりんみたいな感覚に襲われたり
身の置き所がなくて落ち着かない状態を繰り返していた。


苦しいんだけど、寂しいんだけど
心からの言葉は出てこないで、感じるそばからザラザラとこぼれて
暗くて渋い悲しみのカスのようなものが残った。

しかしそれは味わってみるほどに、馴れ親しんだ感覚であるように思えた。

落ち込み倒してみた果てに
私は何十年もそんな感覚を持ちながら
どうにか折り合いをつけながら生きていたんだと
またいつもと同じような結論に行き着いた。
・・・・・・もったいない半生を振り返ると、やっぱ残念としか言いようがない。




私の苦しさが目減りしたのは
何のおかげだろう。


職場で周りの人が私を受け入れてくれるから?

周りの人が自らの罪を悔い改めた((笑)から?

はたまた

面倒な仕事が減ったから?

私の仕事のスキルが急に向上したから?

子どもが生き生きしてきた?


答えは否。否。否。


同僚はは悔い改めるどころか受容的な感性なんか小指の先くらいしか持ち合わせちゃいないし
相変わらずズケズケ失礼だ(^▽^;)

仕事はここ最近 込み入ったことや急な変化も多く、忙しくてストレスMAXボロボロ、クタクタだ(*`・з・´)

仕事能力は相変わらず私はポンコツで、同じことをやるにも人の何倍も時間がかかるうえ下手くそ極まりない(´;ω;`)

子どもは変わらず動けないことに苦しみ、悶々と黙々と着々と自分を責め苛んでいる。゚(゚´Д`゚)゚。


周りに理由を探してみても別にこれといって変わってない様子。
どうやらいつもとさほどの違いもなく回っているらしい。
どうやら私のために世界が変わってくれたわけではないらしい。

それでは何が起こったのか。
ここからはやや未知の世界。

言葉にできない、表現力がないからと言って口にするのが怖い。尻込みしたい。わからないふりを続けたい。
ちょっと待ってくれ!という気持ちになる。

そう、できれば私が失い続けた時間と同じだけの時間待ってくれ
・・・・・・・・・・と言いたいがもう限界。子どもが失い続けている今を忘れてはならない。

失った悲しい時間は戻らないのは事実だが
しかし今からでも間に合うならば、私には新たに得られる生きた時間があることも事実。

一刻一刻を大切にしたいと願い大切にすることで、失ったものを取り戻すことができるかもしれない。
手ごたえめいたものは(たぶん)ある。





スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

あいちん′

Author:あいちん′

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。