スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪の翌日の朝はツルツルに路面凍結する。翌日こそ車は危ない。

バスと電車で職場へ行くことに。

行きがけは遅れちゃならないとか緊張しててよくわからなかったけど

帰りは仕事の緊張感から解放されてたせいか

電車の中、ホームから地上へ出るエスカレーター、駅ビルの中、バス停留所までの街中、停留所、バス、降りてから

ほぼすべての場面にざわつき反応、動作が増えた。

電車が苦手とか疲れるから、車は楽だとか雑踏は苦手とか。

後付けの正当化だったのか。

人が溢れてる街中は不快と負荷でいっぱい。

私の心の中には感情や感覚という

色がないみたい。

無軌道に騒がしい周りを感じて虚ろな自分が痛々しくなる。

外の世界は心がたくさん動いている。

楽しそうに歩く人にだけではなく

悲しいことや怒りであっても

色彩に満ちている。

正当化無感覚は自分を守るため。

結局ガマンして、誰にも言わない・言えず自分の中で終わったことにしたつもりになる。







せっかくなので帰りがけ駅ビルの無印良品へ。

それが必要な生活用品であっても

私にはちょっとお高くても、欲しいもの・見たいものを手に取る。

使う楽しみを思い描きながら欲しいものを買う。

がまんすることもあるけど、させられた感は少ない。

買い物で避けては通れないお会計。

レジは

意外にイライラしてはいなかった。

それほど怒ってはいなかった。

罪悪感はスーパーより明らかに小さい。

ただとても緊張はしてた。

自分が欲しいと思ったものを

しげしげとお値段まで

見られちゃう照れくささ。

正直、緊張とイライラの区別がつかない。

照れくさくてドキドキしたことって

べつに悪いことじゃないはず。

それが自分の中で変換される。

時間とともに醸造されて不自由感、不全感に。


宿題は続く。


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

あいちん′

Author:あいちん′

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。