スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉ちゃんのこと。 ②

私の問いに対して

「なんで?そんなことあるわけないやろ。なんでそんな必要があるの??」

さも不思議そうに、しかし語気は強く姉は言い切った。

ただの一度も母親に迎えに来てもらった記憶はないという。

それが事実そうなのか、今はもう確かめようがない。

小一の子が一人で電車に乗って学校に通うなんて

普通のことではなかったはず。

家庭の事情で普通ならしなくてもいいことを、当たり前のように遂行してきた姉。

友達と放課後遊ぶ約束もできない環境だ。

姉は 一人で田んぼの端に座り本を読んだり、れんげを編んだりしていたという。

寂しかったけど仕方ない。それが当たり前だったと無表情に棒読み口調で姉はいう。

母親は姉のことを心配したり励ましたりするどころか

できて当たり前のように扱っていただろう。自分の不幸が一番だから。

「母親が来なかったのは当たり前」

そう思うことで、姉が本来感じるはずだった心のダメージは麻痺するかもしれない。

小さな姉は自分の心を守るために編み出した世界で精一杯耐えてきたのだろう。

本当の気持ちは誰にもわかってもらえないまま、自分でも感じないまま。

それがどんなに重さを持っていたのか

姉自身にさえわからないままに長い間。

私も姉と同じように失い続けてきた。

私たち姉妹の喪失の大きさ、哀しさ、悔しさを思うとたまらなくなった。



そんな話を姉とした後、姉からLINEがきた。

姉が小学校に上がる前に父が駅までの道、切符の買い方などを教えてくれたのを思い出したという。

姉の記憶の中に母親との思い出がなかった。予想はしていたが、やはり残念だった。

姉にとって、大切だったのは父との小さな思い出だった。

父から大事にしてもらった、愛情深く見てもらえた記憶があったのだ。

父はきっと母のメンツをつぶさぬように

控えめに振る舞いながら姉に目をかけていたことだろう。


姉がなぜ駅の跡に家を建てたのか

一年を経てようやく納得できた。

姉があの場所に執着するのは理由があるということ、

それは偶然ではないという確信を得て。


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

あいちん′

Author:あいちん′

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。